その布団 そのまましまって大丈夫?

こんにちは。

睡眠屋の金内です。

酒田はまだ梅雨明け宣言が出ておりません。

おふとんを夏仕様に変える時期になりましたが、

梅雨の時期はそのタイミングもまた難しいものです。

しまう前に晴れ間を見て外に干そうと思っても、

空気中の湿気が多く思ったほどカラッとしない。

掛けふとんも敷ふとんも、中に湿気が残ったまましまうと

次に使うとき、いやな匂いがしたりして…。

だからこそ!!

「その布団、そのまましまって大丈夫?」

なのです。

毎年おふとんをクリーニングに出している

という方もいらっしゃると思いますが、

ふとんの側生地は、洗う時の摩擦などで弱くなったりしてしまいます。

結果として、羽毛の吹き出しを早めてしまう可能性もあります。

でもおふとんは、使えば汚れます。

洗わないわけにもいきません。

そこで、睡眠屋からの提案が、

「3年に一度のクリーニング。間の2年は銀イオンを使った除菌・消臭&大型乾燥機による乾燥」

です。

クリーニングはわかるとして、銀イオンとは?

ですが、

銀イオンを吹きかけることで、銀イオンの力により、

おふとんの表面についた雑菌が除菌され、新たな雑菌が増えるのを防いでくれます。

お日様を当てても雑菌には効果がありますが、そのパワーは比べ物になりません。

その後に、大型の乾燥機でしっかり乾燥させますので、天気に左右されることなく、おふとんを清潔にしまうことができるのです。

次また使うとき、気持ちよくおふとんを使えるかどうかは、しまう前のひと手間がカギです。

また来客用のおふとんも、しまっておく期間の方が長いわけですから、除菌・消臭&乾燥をしてからしまうのもお勧めです。

それでは最後にもう一度!

その布団、そのまましまって大丈夫?

↓酒田・鶴岡のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ
酒田情報鶴岡情報