睡眠屋こだわりの羽毛リフォーム

1.羽毛を取り出します

umou-reform_4

生地を裁断して羽毛を取り出します。この際、少しの羽毛もムダにしないように、手作業にて丁寧に取り出します。

2.細かな羽毛やホコリを取り除きます

DSC06001

取り出した羽毛は自動的に除塵機の中に。 約5分間、やさしくドラムが回転し使用できないほど細かくなった羽毛やホコリを取り除きます。

s-DSC06046

除塵機内部の羽毛をまぜるプロペラ

DSC06211

除塵によって出た細かな羽毛

3.温水で羽毛を洗浄します

umou-reform_3

専用の洗濯機の中に羽毛を入れ、植物由来の専用洗剤にて洗浄します。ここでのポイントは水の温度。生物の体温より少しだけ高い40℃~45℃の温水にする設定する事で、羽毛に負担をかけずにキレイに洗う事が出来ます。

その後、少し温度を下げた約20℃の水ですすぎ洗いし、脱水します。

DSC06209

洗い上がった羽毛は、脱水後でも多くの水分を含んでいますので、こんな状態です。

4.羽毛をしっかり乾かします

umou-reform_7

羽毛への負担を考えて、約150℃の温度で羽毛の芯までしっかり乾燥・殺菌します。

5 羽毛を冷却し、さらにホコリを取り除きます

DSC06011

乾燥したての羽毛はホッカホカの状態です。更に外気温に合わせて冷却除塵。羽軸に残っている湿気を完全に取り除くと、羽毛がさらにふくらみます。

ここで出るかもしれないホコリを最終的に取り除きます。
この2回除塵するところがとても丁寧なポイントです。

完成した羽毛は、吹き込むまでいったん袋に収めます。

DSC06008

6. ご希望に合わせた側生地を裁断します。

DSC06244

お客様が選んだお好みの生地を、ご希望に合わせたサイズ・マスの数に裁断します。
睡眠屋では、出来上がっている規格の生地でリフォームするのではなく、1枚ずつオーダー致しますので、マス数を多くする事や、マチの高さ、ご希望のマス割りにすること等どんな要望にもお応えできます。

DSC06243

DSC06249

7. 縫製します。

DSC06296

裁断した生地を、羽毛を吹き入れる部分を残して丁寧に縫製します。

8. キレイになった羽毛を吹き込みます。

DSC06284

いよいよ洗浄した羽毛を吹き込みます。縫製が完了した側生地は、羽毛の吹き込み口だけが開いています。
ここでもお客様のご希望に合わせて、1マスずつ指定のグラム数を吹き込みます。

DSC06281  DSC06287

9. 検針します。

DSC06302-2

最終的に針などの危険な混入物がないかチェックします。

10. 出荷前にさらにホコリを取り除きます。

DSC06305

袋詰めする前にエアーで細かなホコリを取り除きます。

11. 丁寧に梱包して出来上がり

DSC06309

お客様へお届けとなります。

 

睡眠屋のこだわり羽毛布団リフォーム。いかがでしたでしょうか。
きちんとした処理をすれば、お手元の羽毛布団もきっとステキに生まれ変わるはずです。

羽毛布団リフォームの料金は?