夜の光・朝の光

「おやすみなさい」の言葉と同時に部屋の灯りを消し、お布団に入る。そして、眠れない、、、。

そんな毎日を送っている人は、きっと少なくないはず。

そんな人は、眠る前の部屋の灯りをちょっと工夫するだけで、変化があるかもしれません。

ご存知のとおり、人は明るくなると目が覚め、暗くなると眠くなります。この体内時計を正しくすることに、光はとても大切なのです。眠る予定の少し前の時間から、お部屋の灯りを間接照明にすることや、パソコンや携帯電話の使用を控えるだけで、寝つきは変わってきます。でも、どうしても寝る前に‘パソコンや携帯電話を使わなきゃいけない‘というときは、いつも使ってる明るさより暗めの画面にして使用してみてはいかがですか?

そして、なによりも朝の光はとても大事です。一日のやる気スイッチがONになりますよ。カーテンを少し明けて、朝の光を自然に取り入れられるように、夜に準備するのもいい手です。

明るすぎる夜に負けず快眠を手に入れたいものですね。

↓酒田・鶴岡のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ
酒田情報鶴岡情報